FC2ブログ
福岡で小学生・中学生(5教科)、高校生(数学1a,2b,3)を教える個人契約(直接契約)の家庭教師のブログ。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
| Login |
2013年11月18日 (月) | 編集 |

先日、甥が受けた「四谷大塚 全国統一小学生テスト」の結果が返ってきました。


各150点満点で、算数が110点(平均点93.4点)、国語が111点(平均点80.1点)でした。

学習方針を決める重要なポイントは、成績の表の「学習分野別成績」です。


算数

四谷大塚-算数


国語

四谷大塚-国語


算数は立体図形が極端に弱いみたいです。福岡の県立高校の入試問題には、かならず空間図形が出題されています。上位校を狙うためには、避けては通れぬ分野です。立体図形を解くのに必要な空間認識能力は、10歳頃までに出来上がると言われているので、今のうちに磨いてあげないといけません。


国語は、ことばの問題。つまり、慣用句などが苦手のようです。ドラえもんの慣用句の学習漫画を買い与えて読ませているのですが、あまり身になってないようです・・・。慣用句は、知っていないと、大人になった時に恥ずかしい思いをします。なんとかしないと・・・。


このように、子どもの苦手な分野を見つけてあげるのに、四谷大塚の学力テストはおすすめです。



website_pic.png家庭教師をご希望の方はコチラをクリック。

上の画像をクリックするとウェブサイトに飛びます。家庭教師の指導を希望される方は、ウェブサイト内のメールウォームをご利用ください。


テーマ:学習
ジャンル:学校・教育