福岡の家庭教師ふなきのブログ ゲーム・スマホ依存~自分をコントロールする力を育てる
FC2ブログ

ゲーム・スマホ依存~自分をコントロールする力を育てる

毎日、たくさんの方が、「ゲーム」、「DS」、「スマホ」、「依存」、「没収」などのキーワードで、私のウェブサイトを訪れています。


多くの子供は、ゲーム機やスマホの没収などで改善します。この子たちは、「依存症」という水準には達していなかったのでしょう。


しかし、没収では解決しない子供もいます。


没収して一時は収まるのですが、またゲームやスマホを返したら、また一日中触ってしまう。それを何度も繰り返す場合。これは、まだ依存症予備軍です。


もっと重症になると、不登校・窃盗・暴力・自傷行為・自殺など、重大な問題を引き起こします。


実際、薬物依存やギャンブル依存、性依存などで、犯罪を引き起こす人は多くいるのです。ゲーム・スマホも例外でありません。


しかし、だからと言って、「ゲームとスマホは悪であるから排除しよう。」と言うのは、ナンセンスです。


ゲームやスマホについても同様です。ゲームは娯楽として子供社会に根強く浸透していますし、スマホは情報社会において欠かせぬものです。


仮に子供時代にゲームに触れない生活を送っていても、親の目が届かなくなった高校や大学で、依存症になる可能性があります。実際、そのような事例報告は多くあります。


それに、ゲームやスマホだけでなく、「面白い、楽しい、気持ちいい」などの快楽が伴うすべてのモノに、依存症はついて回ります。


アルコール、ニコチンなどの薬物依存、買い物依存、アニメ依存、性依存、ギャンブル依存など、依存症のリスクとなることは山のようにあるのです。


ですから、禁止が根本的な解決にはならないのです。重要なのは依存しない心の強さを育てることです。 つまり、まだゲームやスマホにしたいという欲求を抑え、時間がきたらやめる習慣をつけさせるのです。 自分の心をコントロールする力があれば、依存症になるリスクを大幅に減少させることが出来ます。


子供であるから自分を上手くコントロールできないのは当たり前のことです。ですから、依存症になる前に予防をして、ゲームとスマホの上手な使い方を教えてあげることが、親の務めなのだと思います。


すでに依存症が疑われる子は、専門家に相談するのが一番です。近年、ゲーム・スマホ依存で精神科を受診する子供は多くなっているそうですよ。




↓下のリンクから私のウェブサイトへ。ゲーム・スマホ依存についても書いてます。↓

">website_pic.png家庭教師をご希望の方はコチラをクリック。

上の画像をクリックするとウェブサイトに飛びます。家庭教師の指導を希望される方は、ウェブサイト内のメールウォームをご利用ください。



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ふなきち。

Author:ふなきち。

福岡市内を中心に家庭教師をしています。そこで培った経験や情報を発信していこうと思いました。質問や感想などお待ちしております。

授業をご希望される方へ

授業を希望される方は、

家庭教師のふなきちウェブサイトをご覧ください。

website_pic.png

教育理念、授業方針、指導料金などは、ウェブサイトに記載しています。

最新記事
カテゴリ
全て記事へのリンク一覧

全ての記事を表示する

リンク
ブログランキング

家庭教師ランキング
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
↑をクリックしていただくと、他の家庭教師の先生のブログの紹介サイトにリンクされます。