FC2ブログ
福岡で小学生・中学生(5教科)、高校生(数学1a,2b,3)を教える個人契約(直接契約)の家庭教師のブログ。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2019年12月16日 (月) | 編集 |

現在生徒募集中

料金や指導枠の空き状況についてはコチラへ

下記のウェブサイトに、プロフィール、授業料や指導法などの詳細を記載しています。家庭教師の指導をご希望の方は、ぜひご覧ください。また、ご不明な点がございましたら、御遠慮なくご相談ください。

ウェブサイトはコチラへ




中1男子 数学 空間図形

1912161.pngクリックすると拡大されます

 (実際の授業で説明、ノートに写してもらった内容)


 図形の分野に対して、苦手意識を持つ中学生が多いです。


 その原因の多くは、苦手意識による演習不足です。平面図形においては、まず繰り返し作図の練習しておくこと、 おうぎ形の問題は弧の長さと面積、さらに中心角を求める問題は繰り返し演習しておく必要があります。


 空間図形は、展開図は必ず描くように指導しています。 入試問題レベルになると、三平方の定理や相似、比などを用いて、立体の辺の長さや面積の大きさを求めなければいけません。 そのときに展開図を描く習慣がかならず活きてきます。


 1対1であれば、十分に理解できるまで先に進まないため、苦手意識が芽生えにくいのだと思います。 学校や学習塾などの集団授業では、十分な理解が得られぬまま先に進んでしまいます。


 さらに苦手意識が先行して、復習がほとんど行われず、1年生で学ぶ知識がほとんど定着しません。 そうすると、2年生の合同や3年生の相似、三平方の定理が理解できず、さらに苦手意識が強まります。


  2年生、3年生のすでに苦手意識をもっている生徒に1から指導するのは本当に大変です。ですから、1年の頃からきっちりと苦手意識をもたないように指導する必要があるのです。



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

下の画像をクリックするとウェブサイトに飛びます。家庭教師の指導を希望される方は、ウェブサイト内のメールフォームをご利用ください。


website_pic.png指導をご希望の方はコチラをクリック。
テーマ:高校受験
ジャンル:学校・教育