FC2ブログ
福岡で小学生・中学生(5教科)、高校生(数学1a,2b,3)を教える個人契約(直接契約)の家庭教師のブログ。
| Login |
2017年03月31日 (金) | 編集 |

ひさびさの更新です。例年であれば、県立の合格発表後に記事更新をしていたのですが・・・。


今年は合格発表の15日に私の自宅の最寄り駅で、ある事件が起こってしまいました。不合格のショックで電車に飛び込んでしまった子がいたのです。


それだけ一生懸命だったってことなんでしょう。私も県立高校の受験には失敗してしまったので、すごく気持ちはわかります。 やはり、目標の学校に合格できたら嬉しいですし、不合格であれば死にたくなるくらい落ち込んでしまいます。しかし、それで死を選んでしまうのは、早合点というものです。今回の事件では、亡くならずには済んだのですが・・・


私の教え子には、常々言っていることがあります。「受験の合否は時の運」であるこということです。これは受験だけに限ったことではありません。人生において、ほとんどは運によって決まるといっても過言ではないと思います。もちろん個々の努力や能力も影響を与えますが、たいていは運です。


人生は幸運と不運の繰り返しです。生まれてから死ぬまで、ずっと幸運、何をやっても成功し、常に右肩上がりなんて、絶対にありえません。


一度、受験という競争に勝てたからといって、その後に勝ち続けることができる根拠はありません。大学受験で失敗するかもしれない、就職で失敗するかもしれない、就職しても会社の経営が傾きリストラされるかもしれない。そういう不運にはあわずに、順風満帆な人生を歩んでいると思ったら、不治の病が見つかるかもしれない、事故に巻き込まれるかもしれない。必ず何かしらの不運は付いてくるものです。


誰しも不運に見舞われる時期があります。重要なのは、それを予め意識し、前もって準備をしておくことです。もちろん、本人にはその余裕がないと思います。周りの大人がフォローする準備をしておくということです。そして、合否の結果がどうであれ、その生徒自身や生徒の行ってきた努力の価値は不変であることを伝えることが重要なのです。



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

下の画像をクリックするとウェブサイトに飛びます。家庭教師の指導を希望される方は、ウェブサイト内のメールウォームをご利用ください。




website_pic.png家庭教師をご希望の方はコチラをクリック。

上の画像をクリックするとウェブサイトに飛びます。家庭教師の指導を希望される方は、ウェブサイト内のメールウォームをご利用ください。


テーマ:家庭教師
ジャンル:学校・教育