FC2ブログ
福岡で小学生・中学生(5教科)、高校生(数学1a,2b,3)を教える個人契約(直接契約)の家庭教師のブログ。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2016年07月29日 (金) | 編集 |

どうも、お久しぶりです。約1ヶ月ぶりのブログ更新です。その間、仕事の忙しさもさることながら、心理や教育関係の講習会に参加したりしていて、なかなかブログ更新の余裕がありませんでした。今後は時間的な余裕も多少はでてくると思うので、週1でブログを書ければと思っています。


最近ですが、私の教え子の1人が家庭教師と併用して、とある学習塾にも通い始めました。無料で受けた実力判定テストで上位の成績だったため特待生に選ばれ、さらに通知表の評価が40以上を取っているので授業料が半額になるそうです。


ところで、「通知表が40以上で授業料半額」というシステムは、いかがなものかなって思います。


「うちの合格実績が良いのは、もともと地頭のいい子、成績の良い子を優遇して集めたからなんです。」と言っているようなものじゃないですか。その背景にある講師の指導力、塾の指導方針があやふやになってしまいます。


こう考えてしまうのは、同じ民間教育業をしている者の性なんでしょうけどね。


例えば、とある塾の福岡高校の塾OB含有率を見たら「それって、ただ塾の規模がでかいだけでしょ!それを書くなら、中学生全体の塾生の比率も書いてよ!」って思いますし、生徒の合格比率を謳う塾には「合格できそうにない生徒を足切りしただけなのでは?」などと考えてしまいます(笑)


一般の人にとっては、比率を書くことで説得性があるのかもしれません。実際の中身はスカスカですけど。


家庭教師であれば、どんな宣伝文句が効果的なのでしょうか。 そんなに多くの生徒に教えられない分、数字ではなくて言葉で表現しないといけないことはわかりますが・・・。しばらく、考えてみたいと思います。



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

下の画像をクリックするとウェブサイトに飛びます。家庭教師の指導を希望される方は、ウェブサイト内のメールウォームをご利用ください。


website_pic.png指導をご希望の方はコチラをクリック。
テーマ:家庭教師
ジャンル:学校・教育