FC2ブログ
福岡で小学生・中学生(5教科)、高校生(数学1a,2b,3)を教える個人契約(直接契約)の家庭教師のブログ。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2015年11月11日 (水) | 編集 |

今日は勉強と運動の関係について書きます。


アメリカ・イリノイ州にある学区で、0時間目に体育の授業を始めたところ、参加した生徒たちの成績が向上するという報告がされました。とくに0時間目の直後に受けた1時間目の教科にとくに顕著な効果が現れたそうです。


たしかに日本でも偏差値の高い学校ほど、生徒の運動能力が高い傾向にあります。 つまり、良い成績を残している人は、それだけ身体を動かしているということです。


また、運動は健康面と心理面にも良い影響を与えます。 近年、運動不足による子供のロコモティブシンドロームが問題視されています。 さらに運動にはストレス解消効果があることも科学的に立証されています。


普段の運動習慣が心身ともに健康的な状態を作り、学校生活や日常の勉強習慣を支えます。 そして、受験の時期を過ごすためには体力が必要です。その体力もやはり運動することで培うことができるのです。


ちなみに私も身体を動かしてから仕事に出かけます。 晴れた日はランニング6km、雨の日は水泳 2000m。それと週に数回は筋トレもしています。 やはり、しっかりと身体を動かさないと頭の回転も鈍りますし、家庭教師業は休日が少ないですから一年間きっちり働けません。


子供も同様に、年間通して健康を維持し、勉強を続けるためには、運動することが必要不可欠なのです。


ただし、身体を動かしていれば勉強しなくても成績が上がるわけではないので、誤解しないように!



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

下の画像をクリックするとウェブサイトに飛びます。家庭教師の指導を希望される方は、ウェブサイト内のメールウォームをご利用ください。


website_pic.png指導をご希望の方はコチラをクリック。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育