FC2ブログ
福岡で小学生・中学生(5教科)、高校生(数学1a,2b,3)を教える個人契約(直接契約)の家庭教師のブログ。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2014年07月12日 (土) | 編集 |

甥が四月に受けた学力調査の結果が返ってきました。


国語が85.2(平均67)、算数100(平均72.6)で、2教科とも平均点をクリアしていました。普段、ケアレスミスの多い甥が算数を満点とれたのは、すごいです。


ただ、国語は問題点が浮き彫りになりました。


標準学力調査


聞き取りと作文が上手くできないようです。


最近では、中学校の期末試験でもかならず聞き取り問題が出題されています。どちらかというと点取り問題になることが多いのですが、苦手だった場合は高得点をとるのは難しくなります。


そして、作文。福岡県立高校の国語の問題には、かならず出題されますし、私立でも作文が出題されます。なにより、高校や大学、また社会に出てからも、文を作る能力は必要不可欠です。


この2つの力は、一朝一夕で身につくものではないので、小学生の段階からアプローチが必要です。


聞き取りと作文指導によって、つぎはどの程度のびるか楽しみです。


テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育