福岡の家庭教師ふなきのブログ

福岡県立高校 入試問題を解いた感想

今日、福岡市内の中学校で卒業式が行われました。


卒業生の方は、ご卒業おめでとうございます。 公立高校の入試もおわって、さまざまな重圧から解放されたのではないかと思います。 来週の水曜日までは、この1年間の疲れを癒してください。


合否に関しては、ベストを尽くしたんであれば、時の運次第だと思っています。 どちらの結果であれ、それぞれに得るものはあるでしょう。 あまり身構えずにリラックスして、15日を待ちましょう。


で、さっそく今年の数学の入試問題を解いてみました。結果は、満点でした!解いた感覚では、例年通りの難易度ではないでしょうか。


1番は例年通りの出題内容です。計算間違いやケアレスミスに気を付ければ、余裕だと思います。福岡高校や修猷館高校などのトップ校を目指すのであれば、1つのミスもできません。見直しを忘れずに!!絶対!!!


2番の連立方程式の文章問題は、割合は出ておらず、解きやすかったのではないでしょうか。ここも満点とりたいですね。


3番は、証明の方法が例として書かれているので、それを見ながら慎重に解けば、どうってことのない問題です。 ていうか、これ入試としてどうなの?って感じです。


も例年通り。しっかりとグラフに式を書き込みさえすれば、全問正解は十分に狙えます。新宮高校以上の高校を目指す方もこれらの問題は3問全てとりたいところです。


5番は平面図形でした。これも例年通りです。(1)は、三角形の相似の証明問題。そして、四角形の面積を求める問題です。証明問題に関しては、等しい角を提示して証明するだけなので、普通の相似の問題です。一方で、(2)は、少し難しかったかもしれません。四角形が台形であること気づき、相似比、二等辺三角形の性質を理解していれば、答えにたどり着けます。


6番は、正六角柱の問題でした。(1)の辺の位置関係については、かならず正解しておきたいですね。(2)は、三角錐の体積を求める問題です。立体の平面図を書けば、三角錐の底面が正三角形になることがわかります。「絵をしっかり描け!」って問題です。(3)は、三角形ADRとと台形BCJGの面積比が1:2になるように、三角形頂点Rを決め、そのときのDRの長さを求める問題でした。これは、面積比と相似比を利用すれば、DK×3/4でDRが求まります。


以上、簡単な解説と感想でした。全体としては、特別に難しい問題はなく、満点を狙える難易度だったのではないかと思います。福岡高校、香住丘の理数科を目指す生徒さんであれば、2ミスの54点までに抑えておきたいところですね。


ちなみに問題と解答は、福岡県のサイトで公開されています。解説はないようです。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/kensamondai29.html



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

下の画像をクリックするとウェブサイトに飛びます。家庭教師の指導を希望される方は、ウェブサイト内のメールウォームをご利用ください。




website_pic.png家庭教師をご希望の方はコチラをクリック。

上の画像をクリックするとウェブサイトに飛びます。家庭教師の指導を希望される方は、ウェブサイト内のメールウォームをご利用ください。


テーマ : 家庭教師
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:ふなきち。

福岡市内を中心に家庭教師をしています。そこで培った経験や情報を発信していこうと思いました。質問や感想などお待ちしております。

カテゴリ
授業をご希望される方へ

授業を希望される方は、

家庭教師のふなきちウェブサイトをご覧ください。

website_pic.png

教育理念、授業方針、指導料金などは、ウェブサイトに記載しています。

全て記事へのリンク一覧

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク