FC2ブログ
福岡で小学生・中学生(5教科)、高校生(数学1a,2b,3)を教える個人契約(直接契約)の家庭教師のブログ。
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
| Login |
2019年12月28日 (土) | 編集 |

現在生徒募集中

料金や指導枠の空き状況についてはコチラへ

下記のウェブサイトに、プロフィール、授業料や指導法などの詳細を記載しています。家庭教師の指導をご希望の方は、ぜひご覧ください。また、ご不明な点がございましたら、御遠慮なくご相談ください。

ウェブサイトはコチラへ




 先日、ツイッターのタイムラインを見ていると、中学生のお子さんがいる方が

「子どもは運動抜群で定期テストも平均以上だったのに、通知表が2だった。 明らかにおかしい。先生がうちの子どもを嫌っているから理不尽な点数をつけたに違いない。 公立高校に行かせないように嫌がらせをしているとしか思えない。」

といった内容のツイートをしていました。


 2がついた原因が、この方が言うようなことなのかはわかりませんが、いずれにせよ中学校の成績は高校進学時の選考材料になるので、成績の判定基準は明確にしてほしいと思います。


 過去に私が教えた生徒にも、予想よりも成績が低かったと愚痴を言ったり、不貞腐れる子がいました。


 そのときに私は論語の内容を生徒に教えるようにしています。


子曰く
位無きを患えず、立つ所以を患う
己を知る莫きを患えず、知らるべきを為すを求むるなり


これは、

先生はおっしゃった。
「地位がないのを気にするよりも、なぜ地位が得られないのかを考えればよい。 自分を認めてくれないことを気にするよりも、どうすれば認めてもらえるのかを考えて努力することだ。」」


という意味となります。


 2000年以上昔の人々も自分が評価されないことに不満を抱き、 孔子はそのような人たちを叱咤激励していたようです。


 どんな人でも反省点が何もないということはありえないのですから、もう一度自分の行動を見つめ直して、 改善していくしかありません。


 提出物はかならず提出する、プリントは丁寧により内容を充実させる、 定期考査は1点でも高い点数が取れるように対策をする。


 腐らずに地道な努力を続けていくことが適切に評価される自分を作っていくのだと思います。



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

下の画像をクリックするとウェブサイトに飛びます。家庭教師の指導を希望される方は、ウェブサイト内のメールフォームをご利用ください。


website_pic.png指導をご希望の方はコチラをクリック。
テーマ:高校受験
ジャンル:学校・教育